~社員と会社を本気にする~
サステナビリティ経営・SDGs研修研修コード:D04AA01

  1. TOP
  2. ラーニングを調べる
  3. テーマ別
  4. SDGs
  5. ~社員と会社を本気にする~ サステナビリティ経営・SDGs研修

■直面する課題

 2030年に向けた国際的目標であるSDGsの認知が広がる一方で、コンサルティングで伺う企業の方々からは、「なぜ企業がサステナビリティに取り組まなければならないのか」「サステナビリティ経営に取り組むメリットがわからない」 「SDGsは経営計画とは別ものではないか」といった声をよく耳にします。
 さらに、サステナビリティ経営やSDGsを自社なりに取り組んではみたものの、経営企画室やSDGs推進室など一部の部署のみの活動となり、全社へ浸透していないケースも見受けられます。

■研修のねらい、目的

 本研修では、「サステナビリティ経営やSDGsとは」や「企業がサステナビリティ経営やSDGsに取り組む意義」といった座学研修による知識習得だけではなく、ワークショップ型の実戦研修で「自社が取り組むべきマテリアリティ(重要課題)の特定」「SDGs起点の新規事業の企画」など、サステナビリティ経営の定着・推進に繋げます。

■研修の特長


    • 1)サステナビリティ経営実現に向けて、JMACが考える変革のための3つの視点(自社の考え方、バリューチェーン、自社の仕組み)に基づき、貴社の事情に合わせて研修内容を選択・ カスタマイズ可能
    • 2)会社や業務を改革・改善するコンサルタントが、実践的なリーディングを実施
    • 3)座学の研修だけでなく、習得した考え方のもと、推進プランの構築、実践を通じた成果創出型のワークショップを推進
    • ※研修メニュー例は、以下プログラム参照

sdgs1.JPG

研修の対象


      • ・サステナビリティ経営、SDGsの基礎基本を学びたい経営層、管理職、中堅社員/新入社員
      • ・事業でサステナビリティ、SDGsに取り組みたい各部署の主任、係長、スタッフ(企画開発、調達、製造、営業他)
      • ・サステナビリティ経営、SDGsを経営計画に反映することを検討している経営企画機能の主任、係長、スタッフ
      • ・サステナビリティ経営、SDGsの推進リーダーを育成することを検討している組織・人材開発機能の主任、係長、スタッフ
      • ・サステナビリティ経営、SDGsに関心をもつ就職希望者への有効なアプローチを検討中の人事・採用系部門の主任、係長、スタッフ

■研修の期間


研修および成果創出型のワークショップ期間
・座学研修は、半日~1日
・成果創出型のワークショップは、4日間~10日間 
※ワークショップのテーマにより日数は変動
※研修・ワークショップの日数は、ご要望に応じカスタマイズ可能

■プログラム例


【研修・ワークショップ(WS)メニュー一覧】

sdgs2.JPG

【新入社員向けSDGs基礎研修の例:SDGsカードゲームによるSDGsの基礎基本の習得】

sdgs3.JPG

■実施事例・成果


◆ A社:会社の未来を担う30代を中心とした次世代社員と共にSDGs起点で自社の事業を考えるWSを実施

    【トレーニング内容】
  • ・SDGsの基本知識習得に向けた事前研修の実施
  • ・自社の全部署から次世代社員を選出して、全9STEPのワークショップを通じて自社の事業のありたい姿や事業について議論する
    【トレーニング実施による成果】
  • ・自社のマテリアリティ(重要課題)、SDGs推進に向けた3ヵ年マスタープラン、管理指標の策定
  • ・SDGs推進プランを広報企画として活用し、社内外へPR
    【受講者の声】
  • ・WSを通じて、事業が将来直面する課題を認識するとともに、SDGs推進に向けてやるべきことが明確になりました

一覧に戻る

関連コラム

企業のご担当者様へ

人材育成に関するご相談やお悩みなど、お気軽にお問い合わせください。

CONTACT お問い合わせ