PCM(Productivity Control by MOST) ~グローバル標準MOSTを活用した生産性向上~研修コード:A06IA02

  1. TOP
  2. ラーニングを調べる
  3. 機能別
  4. 生産
  5. 標準業務・標準時間設定
  6. PCM(Productivity Control by MOST) ~グローバル標準MOSTを活用した生産性向上~

よくある課題・悩みごと

・生産性向上活動に取り組んでいるが、成果が出ない、または成果が把握しにくい

・自社の生産性が他社またはグローバルスタンダードと比較して高いのか、低いのかわからない

・製品や生産ライン別の生産性測定や比較が出来ず、問題・課題が見えにくい

本研修のポイント

本セミナーは、製造現場の生産性を向上させ、継続させ続けるマネジメントの仕組みづくりを目的としています

「標準時間」に関する基本項目を学習し、簡単な演習を通して理解を深めます

日本企業における標準時間の活用と課題を探ります

生産性を向上させる3つの切り口とその測定方法を学習します

生産性向上力を高め、体質化させる取り組み方を学習します。たくさんの演習を通して実践力を習得します。

【研修コード:A06IA02】
資料請求・お問合せは、上記コードをご記入ください。

一覧に戻る

企業のご担当者様へ

人材育成に関するご相談やお悩みなど、お気軽にお問い合わせください。

CONTACT お問い合わせ