コラムCOLUMN

  1. TOP
  2. コラム
  3. サステナビリティ経営「みんなから愛され、必要とされる会社を目指す」第1回 サステナビリティ経営ゲームのご紹介~企業がSDGsに取り組む必要性を理解する~チーフ・コンサルタント  丹羽 哲夫 

サステナビリティ経営「みんなから愛され、必要とされる会社を目指す」
第1回 サステナビリティ経営ゲームのご紹介
~企業がSDGsに取り組む必要性を理解する~
チーフ・コンサルタント  丹羽 哲夫 

■はじめに

 JMACではサステナビリティ経営を「今も明日もその先も、みんなから愛され、必要とされる会社を目指す」ことだと考えています。
 昨今、多くの企業がサステナビリティ経営を志向し、ビジョン策定や社会とのエンゲージメント強化を目指した活動に取り組まれています。
 しかし、こういった活動が従業員の意識にまで中々届いていないという悩みも耳にします。本研修では「自社がSDGsに取り組む必要性」に対する気づきを与えます。
 また、ゲームという形式を取ることで、楽しみながらSDGsに企業が取り組む必要性を学び「理屈としての理解」ではなく「納得感のある理解」を促します。

niwa2-0.JPG

1.ゲームの狙い

 「サステナビリティ経営ゲーム」は事業活動とSDGsの目標実現を両立させ、応援される企業を目指すことを体験するゲームです。
 このゲームはSDGsの具体的な目標を学ぶためのモノではありません。「SDGsに取り組まない場合、企業にはどの様なリスクがあるのか」「事業活動とSDGsのバランスをどう取るべきか」を体験的に理解することを狙いとしています。

niwa2-1.JPG

2.ゲームの概要

 このゲームでは事業活動によって企業の経済性を高めると同時にSDGsのゴールを目指したアクションに取り組むことで、「自社がSDGsに取り組む必要性」に対する気づきを促します。

 ゲームの中でプレイヤーは効率的な事業活動を行います。事業活動で得た資源を用いてSDGsの活動に取り組み、評価される企業を目指します。事業活動に邁進するだけでは「資金」は溜まりますが評価される企業にはなれません。一方で評価されるためのSDGsの取り組みばかりに注力すると「資金」が不足し事業活動が回らなくなります。事業活動とSDGsの取り組みのバランスを取りながらゲームを進めることがこのゲームのポイントです。

 このゲームの中でプレイヤーが意思決定するのは次の2点です。(図2)

niwa2-2.JPG
 
 ①人的リソースの割り当て
  ②実施する改善/SDGs活動の選択

 

 ①人的リソースの割り当て
 プレイヤーは事業活動として人的リソースを「どの部門に」「何人」割り当てるかを意思決定します。人的リソースを割り当てる部門によって得られる経済効果が変わります。また、該当部門に配置する人数によって得られる経済効果の大きさが変わります。
人的リソースの都合上、全ての部署に人的リソースを割くことは出来ません。どのタイミングで、どこに、どれだけのリソースを投入するかの意思決定を行います。

 ②実施する改善/SDGs活動の選択
 プレイヤーは事業活動で得た資源を活用し、保有するアクションカードの中から実行するアクションを選択します。アクションカードによって必要なリソースと得られる効果が異なります。
リソースが許す限り、アクションカードは何枚でも使用することが可能です。事業活動の状況を踏まえ、どのタイミングで何のアクションを実施するかの意思決定を行います。

 プレイ人数は1セットで1名~4名です。
 上記の意思決定を個人検討ではなく、グループ討議で行うスタイルであれば12名~16名(1グループ3~4名、最大4グループ)まで対応することが可能です。
 また、複数セット使用するのであればより多い人数でも対応可能です。(ガイド役のフォローが行き届く30名程度が目安としての最大人数となります)
 ゲームのプレイ時間はゲーム後の解説や振り返りを含めると最短で二時間半、通常は4時間(午後半日)程度です。

3.ゲームの流れ


 基本的には各プレイヤーが事業活動を行い、その後にSDGsアクションを行うというシンプルな構成でゲームは進行していきます。(図3)

niwa2-3.JPG

Step1 ラウンド情報の確認

 ラウンド開始時に事業活動の前提となるラウンド情報の確認を行います。具体的にはプレイヤーが配置する「従業員の人件費(一人当たり)」、事業活動終了時に保有している資産一つ当たりにかかる「税金」です。それに加え、事業活動に影響を与える「外部環境」もこのタイミングで確認します。

Step2 事業活動の検討

 手元にある従業員を自社の機能組織(研究・開発・調達・製造・営業...など)に配置します。どの部門も複数人配置すると単独配置よりも得られる効果が大きくなります。外部環境の状況を踏まえ、"調達や製造に注力する"、"研究開発に重きをおく"、"マーケティングや営業に配置し資金獲得を重視する"などの検討を行います。

Step3 事業活動結果の清算

 従業員を配置した部署の機能を活用し、資源や資金を獲得します。配置した従業員カードを回収し、手元にある従業員カードの枚数に応じた人件費を支払います。また、このタイミングで手元にある資源にかかる税金の支払いも行います。

Step4 SDGsアクションの実施

 手持ちの資金を活用し、手札にある任意のアクションカードのアクションを行います。要求資金が高いアクションほど効果が大きくなります。しかし、ここで大きな投資をしすぎると、次ラウンド以降の事業活動が回らなくなってしまいます。次ラウンド以降の人件費や税金の支払いも見据え、どこまでSDGsアクションに投資するかを検討する必要があります。

 このSDGsアクションを通じて自社の"社会ポイント"と"環境ポイント"を向上させていきます。環境ポイントは事業活動をするだけで自然に減少していくため、積極的に投資し向上させていく必要があります。

 ラウンドの最後にSDGsアクションで獲得した"社会ポイント"と、"環境ポイント"を得点ボードに反映させます。社会ポイントと環境ポイントは、一定の水準に到達するとボーナスを獲得することが出来ます。逆に一定水準まで低下すると、資金の減少などの悪影響が発生します。

4.ゲームの終了と勝利条件


 規定のラウンド数を終えたらゲーム終了となります。ゲームのラウンド数は実施時間に応じて変化します(最大10ラウンド)。
 最終ラウンド終了後、アワードの条件を満たしているプレイヤーは追加で"社会ポイント"や"環境ポイント"を得ることが出来ます。アワードの結果も含め、集計した"環境ポイント"と"社会ポイント"の合計が最も高いプレイヤーが勝利します。事業活動で得られる資金は"社会ポイント"に還元されます。

 事業活動で資金を効率的に稼ぎ、その資金でいかに"社会ポイント"や"環境ポイント"を高めていくかがゲームの肝となります。事業活動とSDGs活動がシンプルなモデルとして整理されているため、イメージしやすく体感的に理解できるようになっています。

 この研修(ゲーム)は、単体実施はもちろん、JMACコンサルタントが講師を行うSDGs系研修、またはすべての研修に加えることも可能です。
JMACコンサルタントのコンサルティングプログラムにオンし、セットでの組合せも可能です。

(カードゲーム単体の販売はしておりません)

>> 関連する研修「~社員と会社を本気にする~サステナビリティ経営・SDGs研修」

コンサルタントプロフィール

チーフ・コンサルタント
丹羽 哲夫(にわ てつお)

チーフ・コンサルタント 丹羽さん

分子生物学の世界から「研究・開発の生産性」に興味を持ち、JMACに入社

研究・開発部門の知的生産性向上やマネジメント革新に関するコンサルティングを中心に、 幅広い業種のクライアントを支援している。

ロジカルシンキング研修やプレゼンテーション研修、 プロジェクトマネジメント研修など様々なテーマで幅広い業種のクライアントを支援している。

一覧に戻る

企業のご担当者様へ

人材育成に関するご相談やお悩みなど、お気軽にお問い合わせください。

CONTACT お問い合わせ