QC&新QC七つ道具の活用方法研修コード:A06DA15

  1. TOP
  2. ラーニングを調べる
  3. 機能別
  4. 生産
  5. 品質保証・品質向上・ISO
  6. QC&新QC七つ道具の活用方法

よくある課題・悩みごと

・データ解析の基礎知識として役立てたいが、知識だけに終わっている

・身につけるべき手法だと知っているが、実務での役立て方が分からない

・昔、勉強したことがあるが、実務に役立つかどうか分からず、その効果が不明確だと思っている

・仕事上の問題・課題を解決したいが、アプローチの仕方や、具体的な解析方法などが分からない

・一般的な教育ではなく、実務に基づいた教育方法を選びたい

本研修のポイント

ディスカッションしながらスキルを伸ばす「ワークショップ」スタイルのセミナーです

品質改善の基礎と言われる「QC七つ道具」と、言語データ解析の基礎技術と言われる「新QC七つ道具」の役立て方を学びます

多くの演習時間と、グループでのディスカッションを通じ、手と頭を仲間と共に動かす共有空間から、より深い理解を促します

実務への適応を重視する立場から、単なる知識やハウツーの教室型授業ではなく、PCを活用して解析することを前提に実務的に進めます

ご要望に応じ、短い時間で概要を理解するコースと、じっくり時間を使って深く理解するコースを選択できます

【研修コード:A06DA15】

資料請求・お問合せは、上記研修コードをご記入ください。

一覧に戻る

企業のご担当者様へ

人材育成に関するご相談やお悩みなど、お気軽にお問い合わせください。

CONTACT お問い合わせ