社員育成のための自主保全活動の取組みチャレンジ研修研修コード:A06FA06

  1. TOP
  2. ラーニングを調べる
  3. 機能別
  4. 生産
  5. 設備管理
  6. 社員育成のための自主保全活動の取組みチャレンジ研修

よくある課題・悩みごと

・自主保全=初期清掃のイメージが大きく敬遠される印象があるため、職場に応じてステップ先行型の取組みも必要と思っている

・保全部門がないため製造部門が計画保全も行わなければならず、製造部門が忙しくなってしまっている

・残業が減らされているために活動時間が取れず、いかに就業時間の中で活動時間を確保するかが課題となっている

本研修のポイント

TPMにはまだ取り組めないが、自主保全には取り組んでいるという企業にも役立つ内容を解説します

専門保全部門がないため、自主保全に専門保全の役割を持たせている企業向けの対応方法を紹介します

自主保全を社員教育のためのツールとして活用していただくことを目指します"

【研修コード:A06FA06】
資料請求・お問合せは、上記コードをご記入ください。

一覧に戻る

企業のご担当者様へ

人材育成に関するご相談やお悩みなど、お気軽にお問い合わせください。

CONTACT お問い合わせ