持続的なリードタイム短縮の進め方研修研修コード:A06HA07

  1. TOP
  2. ラーニングを調べる
  3. 機能別
  4. 生産
  5. 改善メソッド
  6. 持続的なリードタイム短縮の進め方研修

よくある課題・悩みごと

・リードタイムは結果の数字だけの管理になってしまっている

・目標リードタイムの設定や、それを達成するための体系的な活動がされていない

・一旦リードタイムが短くなっても、また元の状態に戻ってしまって効果が持続しない

本研修のポイント

設計通りのモノの流し方を可能にするリードタイム設計の考え方を学んでいただきます

変動しない工程内仕掛量を実現する仕組みづくりを解説します

安定稼働設備実現に向けた改善活動の進め方を解説します

後戻りしない効率的なリードタイム短縮活動について解説します

【研修コード:A06HA07】
資料請求・お問合せは、上記コードをご記入ください。

一覧に戻る

企業のご担当者様へ

人材育成に関するご相談やお悩みなど、お気軽にお問い合わせください。

CONTACT お問い合わせ